さようなら。


ついに…待ちに待った…

待ちに待った…

待望の…


岸優太くんがCDデビューする時がやってきました。


デビューの発表があった1月17日から、FC開設の報せはあれど何もない2ヶ月間を過ごし(笑)

花のち晴れがはじまったあたりからテレビや雑誌の露出が増え、いつの間にか岸くんがデビューする日の前日になりました。


岸くんの歌声がCDに録音され、音源として後世に永遠に残していただけること、改めてとてもとても有難く感じます。


と、同時に。


ジャニーズジュニアである岸優太くんともお別れです。

岸くんがいたPrinceも。


岸くんに出会った時にはすでに岸くんはPrinceとして活動していたので、岸くんがいたグループの中で1番思い入れがあります。


ジャニーズジュニアのグループ、Princeとお別れすることがさびしいのも、岸くん、そしてメンバーの岩橋くんと神宮寺くんが一緒になってPrinceを良いグループに育て上げてくれたからだと思います。

明日グループがどうなるかわからないジュニアの世界で、こちらとしてもPrinceに思いを入れすぎるとなと自分の気持ちを抑えないと…思う時もありました。しかしそのような状況の中でも、Princeの方から「このグループでこれからやっていく覚悟ができた」と言葉にしてくれました。

Princeはいつも真剣に目の前のことを全力で取り組み、Princeというグループ名に相応しい王子様でいてくれました。

いつもPrincess(Princeのファン)の想いを受け止めくれて、返してくれました。雑誌での発言や、コンサートでたくさん実感させてくれました。

本当におこがましい思いですが、とっても愛してくれているんだなと思いました。

PrinceとPrincess、タレントとファンの間にこんなに美しい絆が作れるんだと感動しました。(美化しすぎかな…笑)


素敵な曲もたくさんいただきました。

Prince Princess

For the glory

描いた未来〜たどり着くまで〜

You are my princess

Princeと、ファンであるPrincessに寄り添ってくれた楽曲たち。

まさにいただいた楽曲の通り、ぼろぼろになっても立ち直り、栄光に向かって描いた未来を切り開いてきた3人でした。

結果としてジュニアとしての最後のオリジナル曲となった「You are my princess」。

タイトルを決めてくれたのは岩橋くん。神宮寺くんはラップ詞も考えてくれました。

最後の曲はストレートなラブソング。出来すぎているお話だな…と思いました(笑)


まるでおとぎ話のようなPrinceの今まで。(詳しくは他のPrincessさんのブログで 笑)

優しくて、あったかくて、美しすぎたからこそ離れがたい気持ちもありますが…今まで本当にありがとう。Prince大好きだよ〜〜!!!


これからはKing&Princeとして。

6人で歩む道を見守ります。

岸優太くん。


デビューをしたことにより、ジュニアの頃のお話を聞く機会が増えました。

先日発売された月刊テレビナビにて、岸くんと髙橋くんの対談にグッときた箇所があったため記事にします。


・デビューを目指して活動していなかった

・時に委ねて話が出たら考えればいいか

・続けてこられたのは、仕事が楽しかったから


ファンとしては、岸くんのデビューを願いながら日々を過ごしていたわけですが(笑)当の本人は「時に委ねて話が出たら考えればいいか」と思っていたそう。

定期的にお仕事がもらえていて、その目の前のお仕事に全力を注いでたらそういうことを考える時間がなかった。

なぜ今まで続けてこられたか。

お仕事が楽しかったから。

歌 ダンス お芝居ができる環境に感謝して没頭できたから…だそうです。


ジャニーズに入所したからにはデビューがひとつの通過点だろうと勝手に思い、心配したり願ったりしましたが、岸くん的にはそこじゃなかったのですね…。

楽しくて、夢中でやってたら辿り着いていた…。ってなんて素敵なことだろうか。

何のためでもなく、ただ楽しみながら、感謝しながらお仕事をしていてくれたことがわかって嬉しかったです。

自分が見た楽しそうに踊る岸くんは本当に岸くんも楽しんでくれてたんだなあ

楽しいから続けてこれたって岸くんが言ってくれたことは、本当にファンとしてこの上なく幸せで…。芸能界に入ったからこそ犠牲にしたこともあるだろうし、楽しいだけじゃないだろうに全部ひっくるめて楽しいって言ってくれたことはいつまでも覚えていたいです。


また、ポポロにて、4年後の自分に宛てたメッセージがありました。

「歌、ダンス、芝居…今の自分が誇りを持ってやっていることに結果が出てたらいいな」

岸くんが誇りを持ってやってくれていること、言葉にしてくれて本当に嬉しいです。

伝わってるから、絶対結果になる!

これからの岸くんも楽しみです。


花のち晴れ初回OA、シンデレラガール(フル)解禁

2018.0417


平野くん出演ドラマ、花のち晴れが初回OAされました。


あの花男の続編であるということや、宇多田ヒカルさんが楽曲提供されたり、道明寺役の松本潤くんも友情出演が決まっていて、力の入れ方がすごいな…!と感じていたのでドラマがどのような仕上がりになっているかかなりドキドキしながらリアルタイムで見ました。

結果、とっても素敵なドラマで一安心。笑


・晴くんの「お前、死にたいのか」というセリフをきっかけに流れるシンデレラガール

・道明寺くんが出てきた場面

宇多田ヒカルさんの挿入歌が流れた場面

・ドラマの終わりにシンデレラガールが、今まで聴いたことがなかった2番も流れたところ


このあたりが特に印象的でした。


cdtvでシンデレラガールがお披露目されてから今まで何回も何回も聴いたのにドラマのオープニングとして流れるとまた違った感動が押し寄せ…道明寺くんの姿に花男を思い出して胸が熱くなり…宇多田さんの挿入歌は問答無用で感動するし…最後にまたシンデレラガールが、しかもオープニングでは流れなかった岸くんのソロの部分も流れてとどめを刺されました。嗚咽が出るくらい泣いた…。


2018年がはじまった時は、こんな未来が待っているなんて想像もしませんでした。

たった数ヶ月前、世間的にはまだまだ名もなき6人だった。

そんな6人が、デビューというチャンスを掴みとったことによりこんなに世界が広がったこと…本当にデビューってすごいことなんだなあと思いました。

ずっとずっと、みんなに聴いてほしかった岸くんの伸びやかで透明感のある綺麗な歌声、きっとこの前の花晴れで届いたよね。

自担のソロが、ドラマで流れることってこんなに感動するんだ…とまた新しい気持ちを教えてもらいました。ありがとう😊


そして、同じ日にレコメンでシンデレラガールのフルサイズが解禁されました。

また別記事で〜

【備忘録】JOHNNYS' YOU&ME IsLAND、〜君たちが〜KING's TREASURE Prince公演

公演終了後当時書いたものまとめ


・〜君たちが〜KING's TREASURE prince公演


ざっくり公演の概要

・書道パフォーマンス

・キンキメドレー

・少年隊メドレー

・コンビ曲

・ソロ曲

・オリジナル曲(初披露曲あり)

・ミュージカルメドレー

パフォーマンス重視!なライブ。


特にアツかったのが

・少年隊メドレー

・ミュージカル曲メドレー

何分間かずっと踊りっぱなし。

少年隊のメドレーというごまかしの効かないところに果敢に挑戦する3人がすごすぎた。プリンスの努力と意地と覚悟を感じた。3人ともギラギラした目で踊ってて本当に最高だった。

ミュージカル曲では岸くんが存分にターンしてた。英語の歌詞覚えてえらい…すごい…と思った 笑


ソロ曲はV6さんのwill。岸くんとV6さんの親和性たるや!フリも自分で振り付けしたみたい。(後に諸星くんとの共作であることが判明)曲に抜群に合ってたし、岸くんほんとになんでもできる…。


本当に本当に公演の演目が良すぎて、この演目自体にお金を払いたくなった!

ライブじゃなくて、ショーだった。魅せられた。この公演を見られるのがほんの一握りなのがほんっっとにもったいない!!!

まだまだこれからって子たちだからこそ出来るステージだった。岸くんは芸能界に入って8年経ったけど、未来しかないステージだった。3人の夢が叶うまで応援する…!

素敵なステージをありがとう。3人が同じ方向を向いて、同じ熱量でやってるところが好き。ミュージカル3年やった岸くんと肩並べてステージに立つじぐいわかっこよかったなあ


・JOHNNYS' YOU&ME IsLAND


軽やかに舞い、綺麗な歌声で歌い、演技もとてもお上手で、自分にスポットライトが当たっていない時の表情も丁寧に作り、帝劇のセンターで和太鼓を力いっぱい叩いて、これまであえて言ってこなかった自分の過去も話し、尊敬する光一くんみたいになりたい!と宣言しフィナーレで平野くんとセンターを二分してイキイキと舞台で歌って踊る岸くんを見て、この子一刻も早くデビューさせなきゃダメ〜〜〜〜〜〜!!ってなった。あ〜〜〜〜〜〜岸優太くんさいこうすぎる。日本国民さんはよこの子に気づいて!岸優太はここにおるよ!!!

デビュー日決定!


2018.3.15

King&Princeデビュー曲発表!


タイトルは「シンデレラガール」

自分達で選んだ曲。

平野くん主演のドラマ主題歌に決定しました。

 

デビュー日発表イベントで一足お先にデビュー曲を披露。WSでところどころ流れただけでも、良い曲というのがわかる…。

"デビュー曲がある"ということだけでも嬉しいのに、こんなにキラキラ明るくてかわいくてちょっと切なくて高音が美しい素敵な曲をいただけるなんて泣ける…大好き…早く5月になってほしい!

王子様感ある衣装だとか、曲を通してキーが高いところだとか「今しかない」と感じるタイミングが多々あってエモみがやばい。美しくて儚い…。


2018.3.21

cdtvスペシャルにて生放送、初生お披露目。

相変わらず、コメントが何言っているかよくわからない 笑 ハラハラしちゃう 笑

安住さんからの「リーダーの岸さん」という呼びかけに感動…。

この日の岸くんはいつにも増してかっこよくてずっと驚きながら見ていた…肌荒れもなく最高。髪型も良し。

歌の最初も緊張していたのか、いつもより少しだけ表情が固い 笑 でもいつものフゥ〜って息は吐いてた。かわいい。

サマーステーションとか、勝つWINでここ岸くんのソロないんだ…って思うこともあったので、ど頭Aメロをひとりで任せてもらえて嬉しかったし岸くんの今までの努力の結果だと思った。

Bメロの歌割りも好きで、門限厳しいのちゃんと分かってくれるじんちゃんからいわれんハモへ、ハリのある若々しい歌声のかいちゃんからちょっとせつないかんじの平野くんへのバトンタッチが素敵です。

Cメロはキングとプリンスに別れて。ここめっちゃ泣けた…。

踊りもこんなに揃えてきたことに感動。でも岸くんのクセが抑え気味で少しだけ寂しい。でも、グループでの踊りは揃っていた方が個人的には嬉しいのでこれでよかった。ソロ曲で存分にクセを発揮しよ!笑

総じて120万満点くらいの出来でとってもよかったです。本当にみんなキラキラしてた。

ピッタンコカンカンのロケでまた安住さんと共演できますように…。



 f:id:miyuki_tani1031:20180316233212j:plain

デビュー日発表イベントの時に併せて発表されたキンプリショップ。

これまたビジュアルが完璧すぎてサンリオ…?マカロンの擬人化…?と混乱の連続…。

幼い頃大好きでよく遊んでいたけど大人になるにつれて遊ばなくなって、物置部屋に眠っていた王子様たちのお人形が存在を忘れた頃に神様のいたずらで命が吹き込まれて迎えに来てくれたみたいなファンタジーみを感じる一枚だと思いました。笑


岸くんと叶えたい夢もりもり


・岸くんの歌声が音源として残る→2018.0523

・岸くんのソロ曲

・岸くんの個人うちわ→2018.0810

・岸くん専用のイヤモニ→2018.0525(Mステ)

・雑誌ソロ表紙

オリコン1位→2018.0529(シンデレラガール)

・キンプリでCM→2018.0428

・岸くん単独CM

・キンプリFC発足→2018.0201

・キンプリでラジオ→2018.0416

・ラジオレギュラー

・声優のお仕事

・単独コンサート開催→2018.0810(ファーストツアー横アリ)

・ツアーでガイシ公演→2018.0823

・東京ドーム公演

・ドームツアー

・岸くんソロコン

・ゴールデン、プライムタイムのドラマ出演

・キンプリの曲がドラマ主題歌になる→2018.0417

・朝ドラ出演

・大河出演

VS嵐に出演→2018.0517

相葉マナブに出演

24時間テレビパーソナリティ

・日本一周ダーツの旅

・大型歌番組にキンプリ出演→2018.0321

・キンプリ冠番組

・バラエティーのレギュラー

・宣伝で1日WSジャック

・ミュージカル出演

・帝国劇場で座長

・Mステで嵐と共演

sexy zoneの番組にゲスト出演

日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞

NHK紅白歌合戦出場


岸優太くんがデビューしたことに関しまして(後編)

 

ジャニーズのことを何も知らない丸坊主の野球少年だった岸くん。ジャニーズ事務所に入所して、ジュニアマンションで踊っていたときに大勢いたジュニアの中から振付師さんに見つけてもらってステージで踊れるようになっていった岸くん。ジャニーさんにやってみる?と聞かれて同世代のジュニアがいない中挑戦したSHOCKで振付師さんにめちゃくちゃ怒られて泣きながら練習して初日は不安すぎてごはんも喉に通らず、毎日が不安で怖かった岸くん。台本に書いてある意味がわからなくてあらんちゃんに教えてもらった岸くん。鈴木梨央ちゃんとW主演でクランクアップでりおちゃんと泣いた岸くん。MAGICの岸くん。Mr.King vs Mr.Princeの岸くん。Princeの岸くん…

ここに書いたことはほんの一部で、きっと誰にも言ってない悔しかったこととか悲しかったこと嬉しかったことがたくさんあったと思います。8年のジュニア時代を長すぎる、と思っていたけど岸くんが歩んで来たこの8年は岸くんにとって絶対意味があったと思うし何よりこの道のりを岸くんは無駄にしていないことはど新規の私でも見てわかりました。

 

8年のジュニア時代の幕が降りる。

 

きっと、デビューしたらデビューしたでジュニアの時とは違った壁が立ちはだかると思います。何でもかんでも数字出るし。先輩グループを見ても、売れることの難しさをめちゃくちゃ感じます。しかも有難いことにメディアからもめっちゃ持ち上げられて、事務所にもレーベル立ち上げてもらったりメンバーのこがドラマや映画にたくさん出させてもらったり…キンプリがそれにどう応えてくれるか楽しみでもあるけど、不安もある。そもそもグループに対しても6人でやっていけるか不安を感じていて 笑 婆はたくさん心配してしまうのですがそれもこれもデビューできたからこその心配で、有難いし私が心配しても仕方がないのであとはもう6人と事務所に任せて静かに見守るしかないな…と思ってます。(結局 笑)

 

長くジュニアをやってきた分、いろいろな括りの中で岸くんは活動しました。

その中でも、自分が実際に見ていた分Princeに対しての思い入れが非常に強いです。

デビューしていないジュニアのグループは、グループがずっと続くことを約束されていません。実際Princeのインタビューで「グループというくくりにこだわっていない」「ジュニアは個人戦」といった発言を見たことがありました。本人たちが一番実感していると思います。そんな意識を持つ中、前の記事でも書いたキントレのPrince公演により3人の意識は変わったようで「この先も3人で頑張っていきたい」「一番Princeというグループを意識した」「こだわりたいグループができた」と、夏を超えて目に見えて3人の絆が固くなりました。3人が同じ方向を向き、3人とも同じ熱量で高めあうPrinceが大好きでした。


もう3人ぼっちじゃない。


名前は残ったけど、もう、King&Princeです。

これからどのような活動をするかはわからないけど、6人でやるって決めた以上寂しいけど3人だったPrinceとはお別れしなきゃなと思います。

せっかく6人でやるって決めたから、KingもPrinceもジュニア時代のくくりをとっぱらう勢いで、数年後そういえば3人ずつで活動してたんだよな~ってたまに思い出すくらいグループ関係なく活動してほしいなと思います。

 

いろいろ書いたけど、デビューに関して言いたいことは全て書けました。たぶん

 

本当に本当にデビュー、おめでとう。

デビューというたった4文字のカタカナに、こんなパワーがあるなんて知りませんでした。

どんな言葉にも変えることができない気持ちがあるなんて知りませんでした。

いつもめちゃくちゃなこと言ってるけど、自分がこんなに岸くんのことを好きなことに改めて気が付きました。

 

まだまだスタート地点に立ったばかり。

これからの岸くんときんぷりが楽しみだ~~~!!!

この歴史的瞬間に立ち会えていることに感謝します。

 


全世界の人々森羅万象ありがと~~~~~~!!!!!!!!!!!

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ほんとに嬉し〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!